スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【17歳力士変死】 「警察に話すな」 時津風親方、弟子らにビール瓶殴打を口止め…火葬申請、金属バット、携帯破壊など次々に明らかに


新潟市出身で大相撲の序ノ口力士、斉藤俊さん(当時17)=しこ名・時太山、時津風部屋=が名古屋場所前の6月26日、愛知県犬山市でけいこ中に急死した問題で、時津風親方(57)=本名山本順一、元小結双津竜=が、前日の25日に斉藤さんの額をビール瓶で殴ったことを同県警に話さないよう、弟子らに指示していたことが、関係者の話でわかった。県警も口止めの事実を把握している。

 親方はその後、県警の任意の調べに対し、殴打の事実を認めた。県警は親方らの傷害容疑などでの立件へ向け、供述を変遷させた経緯の解明を進めている。

 調べや部屋関係者の話では、親方は25日の夕食で斉藤さんを正座させ、その日午前に部屋を逃げ出したことなど、生活態度を説教していた。ところが、斉藤さんが足を崩したため激高してビール瓶を振り、額に切り傷を負わせたという。

 親方のこうした行為を見た兄弟子らは、斉藤さんをけいこ場の裏手に連れ出して暴行。翌26日、斉藤さんは親方立ち会いの下、兄弟子との約30分にわたる激しいぶつかりげいこ中に倒れ、そのまま死亡した。

 時津風親方は当初、斉藤さんには通常のけいこしかしていないと県警に説明していた。その後、行政解剖で死因に多発外傷性ショックの可能性があると判明。県警が弟子らへの事情聴取を始めると、親方は「ビール瓶の件は話すな」と指示したという。

 ところが、親方はその後一転、調べに対して斉藤さんを殴ったことを認め、斉藤さんの両親にも謝罪したという。県警は、親方が当初、責任逃れのために事実を隠そうとしていた可能性があるとみて調べている。

http://www.asahi.com/national/update/0928/NGY200709280014.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

閉鎖的で隠蔽体質という点では角界と学校は同じ。

【2007/09/30 12:44】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。