スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【17歳力士変死】 時津風部屋、無残な姿になった被害者を無断で火葬しようとしていた…遺族ら「隠ぺい」批判


大相撲の時津風部屋の力士だった時太山=本名斉藤俊さん、当時(17)=が愛知県犬山市でけいこ後に急死した問題。時津風親方(57)=同山本順一さん=は瓶で殴打したことを認めたとされ、兄弟子たちの暴行には金属バットも使用されたという。

 斉藤さんが急死した直後の6月26日夕、時津風部屋が遺族に無断で斉藤さんを火葬する準備をしていたことが分かった。遺族の同意を得ずに火葬することは異例で、新潟県に住む遺族からは「暴行の痕跡を隠そうとしたのではないか」と批判の声が上がっている。
 遺族によると、同月26日午後4時ごろ、愛知県の葬儀業者から斉藤さんの実家に電話があり「現地で火葬して新潟へ届けたい」などと言われたという。遺族が抗議したため見送られた。
 時津風親方が翌27日に、斉藤さんの実家を訪れた際は「(火葬の手配は)隠すわけでやったのではない」と、暴行問題の隠ぺいについては否定していた。

 斉藤さんの両親は26日、「兄弟子たちが『俊を鍛える』と言うので頼もしかったのに」と悔しがった。
 亡くなる5日ほど前に斉藤さんに会った父親の正人さんは「いい体になってきたな」と感じ、「相撲道の心を鍛えてほしかった。横綱や大関になれとは言わない。今頑張ればどんな社会でも通用するんだぞ」と、何度も逃げ帰ってくる息子に、心の中ではエールを送り続けていた。
 しかし、死亡翌日の6月27日に自宅に運ばれてきた遺体には、全身にあざや切り傷、足にはやけどのようなあとが数カ所にあり、顔は原形をとどめないほど変わり果てていた。
 当時、母親も「入門して時太山というしこ名をもらったとき『僕名前もらったよ』って喜んで…。
亡くなる前日に電話が来たとき『逃げろ』って言えばよかった…」と涙を流した。
 これに対し、謝罪に自宅を訪れた時津風親方は「けいこをやれ、やれとばかり言えない。
 『もういいよ、やめ』とわたしは言うんですよ」と釈明していたという。
 「放っておいたらうやむやになる」と感じた正人さんらは、自ら行政解剖を依頼。
 愛知県警による真相解明が動きだす端緒となった。(一部略)

 
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2007092790073008.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。