スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジュリアナ東京、マハラジャが復活

ジュリアナ東京、マハラジャ(麻布十番)といえば、バブル絶頂期を象徴する2大ディスコ。毎週末に通ったという30代はもちろんのこと、たとえ実際に足を運んだことがない人でも、煌びやかな照明に派手なレーザービーム、激しいシンセリードのレイヴサウンドやハイパーテクノに合わせてお立ち台の上で“ジュリ扇”片手に踊りまくるワンレン・ボディコン…という絵はどこかで目にしたことがあるだろう。




そんなジュリアナ東京とマハラジャが、2008年、復活した!

といっても、どこかにディスコとして復活したのではなくて、コンピレーションアルバム。『BUBBLE 90'S -JULIANA'S TOKYO-』と『BUBBLE 90'S -MAHARAJA NIGHT-』の2枚がリリースされたのだ。

この両コンピには、「KING AND QUEEN」や「HEARTBREAKER」、「TOUCH THE ENERGY」や「TWILIGHT ZONE」、「CAN'T UNDO THIS!!」など、マハラジャやジュリアナ東京でヘビーローテーションされた楽曲が30曲近く収録。CDケースも、当時のディスコを彷彿とさせるような、大理石風にも見えなくもないブラックのつやつや仕様。CDを取り出せば、まさにダンスフロアが広がっているかのようだ。

“ジャン! ジャン! ジャン! ジャジャジャジャン! ジャン! ジャン! フゥー!” なオケ・ヒットも、もちろん“ジューリーアーナーズ トォーキョー!!” のヴォーカルも、そして当時の熱気や狂宴までも全部独り占めできるこのコンピ。

あの頃、ワンレン・ボディコンでお立ち台のスターだったお姉さんも、そんなお姉さんを連れて夜の街を闊歩した記憶のあるお兄さんも、そんなお兄さんお姉さんに秘かに憧れていた20代も、不況から脱出してきれない今だからこそノスタルジックな想いとともに手にとってみては?

http://www.barks.jp/news/?id=1000028057&m=all
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

一日限定とは言わずにまた完全復活してほしい・・・・・
ディスコは最高です。

【2008/09/07 15:07】URL | gogo #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。