スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「日本はアンフェアだ」芸能界の談合体質を斬る! 石橋凌(51)


松田優作さんの遺志を継ぎ、日米で俳優活動を続ける石橋凌(51)が、
ジェット・リー(44)相手に鋭い剣さばきを披露する犯罪アクション映画
「ローグ アサシン」が10月6日、全国公開される。ハリウッドから直々の
オファーに「大いに価値があった」と喜ぶ一方、“日本式”出演交渉術が
アメリカを侵食する実情をロッカーらしくバッサリ斬り捨てた。 (中略)

 オファーはプロデューサーと監督から寄せられた。「君がこの役をやりたい
なら決める、と言ってくれましてね。非常にありがたかった」
 そう語るのには訳がある。石橋は、「ブラック・レイン」で等身大の日本人
俳優が世界に通じる可能性を見せた松田さんを師と仰ぎ、世界を相手に俳優
としての可能性を試し続けてきた。
 「この作品で10本目。自分なりに英語や演技を勉強してきたけれど、『ラスト・
サムライ』以降、非常に僕の中では悔しい思いをしてきた」 映画に賭ける率直
な思いから舌鋒は鋭くなる。

 「日本の芸能界の力関係、政治力で役を取ることに落胆して活路を海外に向
けて、15年も前から向こうの監督と俳優と組んできた。アメリカはフェアにオー
ディションを受ける。実はこの15年間、いっぱい受けていて、僕自身の中のバ
ネになった。ところが、オーディションのチャンスさえもらえないというのはすごい
不健全。アンフェアだ。だから僕は僕なりに戦っていくし、それにはこういう一つ
一つの積み重ねしかない」

 洋画の日本人がらみの描写はヘンテコなのが常だが、石橋は日本人が正当
に評価されるよう、出演作では常に意見を伝えてきた。今回も、「今の日本人の
ヤクザ像を、監督なりプロデューサーに伝えたつもり」と語る。

 ミュージシャンとしては、「来年にソロ活動をやりたい」とも。残念ながら、昨年
脱退した「ARB」への復帰は無いというが、時代の先を走る不屈のロック魂は
スクリーンで炸裂し続ける。

続きはこちらへ
http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_09/g2007092513_all.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。