スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


少女が斧を振り下ろしたワケ 捜査幹部は「漫画やアニメなどから影響を受けていた可能性はある」と指摘


京都府警南署の男性巡査部長(45)が二女(16)に手おので殺害された事件は、25日で発生から1週間。
二女は取り調べに素直に応じ、「おとなしく、礼儀正しい」(捜査幹部)という性格と、寝入った父の首に手おのを振り下ろすという異常な手口との対比が次第に際立ってきた。
動機として供述した巡査部長の女性関係や家庭で受けた暴力についても判然とせず、「犯行の直接の引き金になるようなトラブルも確認できていない」と首をかしげる府警幹部もいる。

「子供のころから、出されたものは残さず食べています」。二女は取り調べに対し丁寧な言葉で受け答えし、毎日の食事についてこう語った。
毎朝起床後には署員に欠かさずあいさつし、家庭でのしつけの様子をうかがわせる。
が、犯行への反省や後悔の言葉はまだないという。

これまでの調べで、二女は京田辺市の自宅で、力まかせに手おのを父親の首に振り下ろして殺害。
遺体には、少なくとも6回以上も切りつけた跡があった。
父親の死亡を見届けて約30分後、別室で寝ていた母親(41)に殺害を告白した。

「気に入らないことがあっても、相手に悪いから黙っている」。
イラストレーターになるために芸術系専門学校に通学していた二女は、自分の性格について、こう周囲に話していたという。

両親は不仲で、「夫婦げんかの時、お父さんに八つ当たりされた」「この世から消えてしまえばいいと思った」などと強い殺意を供述したが、
母親は「思春期にあるような父親への反発」程度にしか思っていなかった。
強い殺意を周囲に気づかれず、内面にため込んでいたとみられる。

府警は、長期間に不満や嫌悪感が募り、殺意を抑えきれなくなった末の犯行とみているが、強い殺意の最終的な引き金は見当たらない。
二女のパソコンやメモ帳を分析するなど動機の解明を進めており、
捜査幹部は「手おので首を切るという犯行は異常。
好きだった漫画やアニメなどから何らかの影響を受けていた可能性はある」と指摘している。

http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070924/jkn070924012.htm

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

ってやっぱり…

もしかして「ひぐ○し」?
あっ、ありゃ同人ゲームかww

【2007/09/25 03:12】URL | 名無しさん #iqhSIKS2[ 編集]

はいはい、漫画アニメのせい漫画アニメのせい。

【2007/09/25 07:00】URL | #-[ 編集]

メディアはすぐ漫画・アニメ・ゲームのせいにしたがるな

【2007/09/25 07:42】URL | #mQop/nM.[ 編集]

まあ発想が稚拙で漫画的ではある

【2007/09/25 14:19】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。