スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


美乳の条件は「乳首の垂直位置が“45:55”という比を満たすもの」であることが判明


英国の美容整形外科医パトリック・マルーチ医師は、タブロイド紙や男性誌を買い漁り、トップレス・モデルのバストをつぶさに観察する日々を過ごした。豊胸術のエキスパートであるマルーチ医師にかかれば、同業者の仕事(すなわち偽乳)は一目瞭然だった。彼は、ひたすら天然美乳だけを追い求めた。

 そして、ついに美乳の条件を法則化することに成功したのである。乳首の垂直位置が“45:55”という比を満たすバストこそ、パーフェクトな美乳なのだという。
 つまり、バストの上下幅を仮に100としたとき、上端から45、下端から55の位置に乳首が存在していればパーフェクトな美乳だということになる。

 マルーチ医師が美乳の条件を追い求めたのは、もちろん豊胸術に活かすため。彼は、ロンドンで開かれる豊胸術カンファレンスで、この画期的な発見の詳細を発表する予定である。

 マルーチ医師によれば、美乳の条件として最も重要なのは乳首の垂直位置と、乳房の上半分/下半分のバランスである。乳首が垂直方向に中央の位置にあるのではなく、少し上にオフセットされているバストこそが美乳になる。“45:55”という比は、そのオフセットの度合いを示している。また、上半分/ 下半分のバランスについては、上半分がわずかに小さいのが理想である。


http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=483487&in_page_id=1770
http://rate.livedoor.biz/archives/50434015.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。