スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レトロゲーム大賞:「スーパーマリオ」に 「魔界村」に有野がクレーム?


初期のファミコンソフトの名作を選ぶ「レトロゲーム・アワード2007」が22日、幕張メッセ(千葉市)で開催中の東京ゲームショウで発表され、
「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)が大賞を受賞。
授賞式には、任天堂の宮本茂専務ら有名クリエーターが登場した。

同賞は、お笑いコンビ「よゐこ」の有野晋哉さん(35)が出演するテレビ番組「ゲームセンターCX」(BSフジ)と情報誌「日経エンタテインメント!」(日経BP社)の共同企画で、85年~87年に発売されたファミコンソフト164本の中から、
インターネットでの投票結果を基に、「殿堂入りゲーム」と「優秀賞」を選出。優秀賞の中から大賞1本が選ばれた。

「殿堂入りゲーム」には、「魔界村」(カプコン)、「たけしの挑戦状」(タイトー)など4本が、優秀賞には「ドラゴンクエスト」「ドラゴンクエスト2」(スクウェア・エニックス)、「ゼルダの伝説」(任天堂)、「スペランカー」(アイレムソフトウェア)を選出。
「最優秀新人賞」を「メタルギア」シリーズの生みの親の小島秀夫さんが受賞した。

続きはこちらを
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070923-00000002-maia-game

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。