スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


イチロー暴言「やかましいコラ!」 ブーイングの観客に思わず


マリナーズのイチロー外野手(33)が敵地でのエンゼルス戦で5打数1安打、打率を3割5分2厘7毛と落とし、試合のなかったタイガースのオルドネス外野手(3割5分3厘2毛)に再びア・リーグの打率トップの座を譲った。

 試合後のクラブハウス。イチローがロッカーに向いたまま黙り続けた。審判に対する怒りだけでなく、自らへの憤りや反省もあったのかもしれない。試合後の会見では「いいよ、もう…」と力なくつぶやいた。

 7回の打席だった。3番手シールズのカウント2―0からの内角低めのボール球に、スイングを途中で止めたが、判定は空振り三振。三塁のエベリット審判員に抗議したうえ、どうしても納得いかなかったのだろう、球審から制止されたが、それでも執ように抗議を続けた。

 ベンチへ戻る際、エンゼルス・ファンの観客がブーイングを浴びせてきた。やまない罵(ば)声に「やかましい! コラ!」と、どなり返した様子がテレビに映し出された。4打席目まで無安打だったが9回、2死二塁では打球を中前に運び、二塁走者を生還させた。「見せつける思い? ないわけないじゃん、そんなこと」外角球に軽くバットを合わせる一打でうっぷんを晴らした。

 チームも逆転負けで今季の対エンゼルス戦4勝12敗。直接対決を3試合残して、敵軍の地区優勝マジックが1となった。51番にとって悔しさが募る夜となった。

http://hochi.yomiuri.co.jp/mlb/news/20070922-OHT1T00034.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。