スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小学5年生が設立したゲーム会社、650万ドルの資金獲得


米PlaySpanは9月19日、650万ドルのシリーズA投資を獲得したことを明らかにした。
出資者にはニューヨークを拠点とするEaston Capitalを筆頭に、シリコンバレーのMenlo Ventures、韓国のSTIC International、香港のNovel TMT Venturesが名を連ねている。

同社はゲームパブリッシャーやデベロッパーと提携、自社開発のeコマースプラットフォームによってパブリッシャーらに収益を獲得する機会を提供するとともに、魅力的な仮想商品を販売して新規ゲームユーザーを増やし、既存ユーザーを維持するという事業を展開している。

同社を設立したのは設立当時小学校5年生だったアージャン・メータ君。
単にゲームを楽しむだけでなく、ゲームをプレイした分「ごほうび」がもらえたら、という発想からスタートしたという。

アージャン君が2006年に自宅のガレージで始めたPlaySpanは、
彼がオンラインゲームなどを販売して得た資金をもとに、2006年5月に法人化。
2007年8月にゲームパブリッシャー7社と契約し、同年9月にはプラットフォームのα版をリリースしている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/22/news021.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。