スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


同性愛者が出産しかも双子そして医者を訴える


女性同性愛者、体外受精で双子を授かったとして医者を提訴

[キャンベラ 20日 ロイター] 体外受精で双子の女の子を授かったオーストラリアの女性同性愛者のカップルが、子どもは1人しか欲しくなかったとして、
医者を相手取り裁判を起こしている。

 カップルは担当医に対し、子どもは1人だけ欲しいということを明確に伝えたと主張しており、40万豪ドル(約4000万円)以上の賠償金支払いを求めている。
賠償金は、私立学校の学費を含む2人目の子どもの養育費に充てるという。

 双子の女の子は現在3歳。今回の民事訴訟は同国初のケースであり、子どもの価値や親の役割についての議論を巻き起こしている。

 ガイ・バーネット上院議員は、公的資金を受けた体外受精について、同性愛カップルや未婚女性への適用を禁止すべきだと主張。次期連邦総選挙では、
この問題が新たな争点となる可能性も出ている。

http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-27984420070920
 

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。