スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「お父さんが嫌いやから殺した」 16歳女子学生、斧で警察官の父の首切り殺害


18日午前4時40分ごろ、京都府京田辺市の京都府警南署の巡査部長(45)方から「自宅で主人がおので首を切り自殺した」と妻から119番があった。消防の通報で田辺署員が駆け付けると、巡査部長は既に死亡し、専門学校2年の二女(16)が殺害を認めたため殺人容疑で逮捕した。

 二女は「お父さんが嫌いやから殺した」と話しているという。田辺署は同日午後、遺体を司法解剖して死因を特定するとともに、詳しい動機や経緯などを調べる。

 調べでは、二女は18日未明、2階の寝室で巡査部長の首の右側をおので切って殺害した疑い。おのは刃渡り約11センチ、柄は木製で長さ約30センチ。巡査部長はランニングシャツにパンツ姿で、ベッドの上で体の左側を下にして横向きに倒れていた。血の付いたおのが1階の居間で見つかった。

 署員が駆け付けた際、二女は居間で母親と姉と一緒にいた。返り血を浴び、母親らとともに放心状態だったという。

 巡査部長は妻、娘2人との4人暮らし。1981年4月に府警に採用され、昨年4月から南署交通課に勤務していた。17日は公休で、18日は午前9時からの日勤だった。

 岡野俊明南署副署長は「優秀でまじめな巡査部長。周囲の信頼も厚く元気で仕事を頑張っていた。
 悩みなどは聞いたことがない」と話した。

http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070918-257815.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。