スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロリータ部長、8歳の少女に薬を飲ませ乱暴


 9月5日、バンコク都内ラマ4世通りのハイパーマート「テスコロータス」前で
タイ航空無線会社の技術部長が未成年に対するわいせつ容疑で逮捕された。

 今回の逮捕に至った経緯であるが、8月31日、ビーちゃん(8歳)の両親が
「娘が突然いなくなった」として警察に捜索願いを出したことに始まる。
ビーちゃんは結局、翌9月1日に自宅に戻ったが、どうにも様子が変。
両親と顔を合わそうとしないし、自分の部屋に篭るようになった。さらに、性器からの出血が止まらず、常に下着に血が付いている。

 そのため、ビーちゃんを問いただしたところ、ピラワット容疑者(40)に強姦されたことが発覚。すぐ警察に通報した。

 ビーちゃんの証言によれば、8月31日、知人のジョイちゃん(14)とプイちゃん(14)に呼び出され、待ち合わせ場所に行ったところ、ピラワット容疑者が車で迎えに来たという。
その後、航空無線センターに連れていかれ、ウイスキーのコーラ割を飲まされたうえ、青色の薬を渡され、それも飲むよう指示された。

 少しして、頭がフラフラしてきたところで、ラブホテルに連れていかれ、強姦されたという。
その間、容疑者はジョイちゃんにその様子を携帯電話でビデオ撮影するよう指示。
そして、ことが終わると、家の近くまで送り届けられ、1000バーツを渡されたとのことだ。

 一方、ビーちゃんを呼び出したジョイちゃんとプイちゃんも昨年10月に容疑者と性交渉を持っており、その様子をビデオで撮影されたという。その後も関係は続き、1回につき1500バーツを受け取っていた。
また、ジョイちゃんは、「友人10人以上が容疑者と性交渉を持った」と供述している。

 なお、ピラワット容疑者は逮捕当日の取り調べで、「すべて女の子の作り話」として容疑を全面否定した。

http://www.bangkokshuho.com/news.aspx?articleid=3389

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。