スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


曲の無断使用でYouTube訴える意向


[ロンドン 13日 ロイター] 米ポップ歌手のプリンス(49)が13日、自らの曲を無断で使用されたとして、米グーグル<GOOG.O>傘下の動画共有サイト「ユーチューブ」を含む複数のウェブサイトを訴える計画であることを明らかにした。

 「パープル・レイン」や「1999」などのヒット曲で知られるプリンスは、ユーチューブは、ユーザーがどういうビデオを投稿するかはコントロール不可能だと主張することはできないと指摘。
声明で「ユーチューブは明らかに成人向けや児童性虐待の要素を含むビデオをフィルターにかけられるのに、不当な音楽や映画のコンテンツに関してはフィルターをかけないようにしているようだ」としている。

 ユーチューブの広報担当部署に対し電子メールで問い合わせたが、現時点でコメントは得られていない。

 プリンスは、ユーチューブのほかにも、ネット競売の米イーベイ<EBAY.O>や著作権侵害の主な原因になっているとして音楽・映画業界関係者らが非難しているサイト「Pirate Bay」も訴える意向という。

http://news.goo.ne.jp/article/reuters/entertainment/JAPAN-278861.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。