スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「トトロの森」の風景残せた!…業者が開発断念


東京都と埼玉県にまたがり、宮崎駿監督がアニメ映画「となりのトトロ」の構想を
練った場所とされる「淵の森緑地」近くの雑木林で、開発計画を進めていた業者側が、東京・東村山市と市民団体に対し、開発断念の意向を伝えていたことが14日、わかった。
市は雑木林を地権者から買収し、公有地化を目指す方針だ。
開発が計画されていたのは、淵の森緑地に隣接する約1500平方メートル。
宮崎監督が会長を務める市民団体「淵の森保全連絡協議会」によると13日、
地権者と開発業者を仲介している不動産業者から、「開発を断念する。緑が残ります」と伝えられ。市にも同様の意向が示されたという。宮崎監督は「本当にたくさんの方の助けがあった。あの風景を残すことができてうれしい」と話している。
同協議会は保全を求めて募金活動を続け、6月には宮崎監督が市に対し、
募金の目録を手渡し、市も公有地化を進める方針を表明していた。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070914i403.htm

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。