スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野球実況アナ、興奮しすぎて途中降板


延長10回、5時間4分の熱戦の末、巨人の自力Vが消滅した9日のプロ野球巨人-阪神戦(東京ドーム)。ラジオ実況中継でも大珍事が起きていた。興奮しすぎたベテランアナウンサーの声が途中でかれ、急きょベンチリポートを担当していた別のアナがリリーフ登板。グラウンドの熱気がアナもKOした?!

 声がかれてしまったのはTBSラジオの戸崎貴広アナ(44)。同局の「エキサイトベースボール」放送中、試合開始から約4時間20分が過ぎた10回表の午後10時23分ごろ、阪神の攻撃中に突然、咳き込み始めた。

 当初は、「6時間の実況経験もありますから」と話していたが、その後も咳が止まず、次第にかすれ声に。解説の田淵幸一氏(60)から、「お茶でも飲んで気合入れたら」と、助け舟も。

 だが、CMを挟んでも、咳は一向におさまらず、実況に戻る際には、「ゲホ、ゲホッ」と咳から始まる始末。 とうとう10回裏、巨人の攻撃中に声が出なくなり、同10時38分、一塁側のベンチリポーターを務めていた土井敏之アナ(37)がリリーフ。試合終了まで実況を引き継ぐ異例の展開となった。

 この珍事に、インターネット上も“お祭り騒ぎ”。普段は誹謗中傷の書き込みが殺到する巨大掲示板「2ちゃんねる」上では、実況と同時に、「これじゃ無理じゃないか」「アナまじがんばれ」と異例の同情の励ましが書き込まれた。

 アナ交代直後には、「アナウンサーってすごいと思ってたけど今日ほど尊敬したことはない」「遠くで聞こえるゲホゲホが涙を誘う」など、温かいメッセージが多数書き込まれていた。

 戸崎アナは東京都葛飾区柴又生まれ。都立墨田川高校を経て、立教大学を卒業。1986年に入社、スポーツ畑が専門で、プロ野球のほか、フィギュアスケート、テニス、駅伝、サッカーなどスポーツ全般の実況経験があるベテラン。

 TBSラジオの番組担当者は、「戸崎は実況前から、体調に問題はなかった。ずっとハイテンションで実況していたため、ああいうことになったが、批判よりも同情や激励の声のほうが多く、恐縮しています」と話している。

 実況中にアナウンサーの声がかれて、交代することはまれだが、五輪など豊富な実績で知られる同局の“世界の松下”こと松下賢次アナ(54)にも経験があるという。「まあ、皆既日食のようなもの、とでもいいましょうか」と番組担当者は苦笑いしていた。一方、この日の日本テレビの中継(午後7-8時53分)は試合途中で放送を終了。平均視聴率9.6%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)にとどまった。

http://www.zakzak.co.jp/gei/2007_09/g2007091001.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。