スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネットカフェ難民がスラムをつくる日


ネットカフェ難民のほとんど全員が、現状からの脱出をしたがっているという。だが、それは非常に困難なのである。

その理由は二つある。
一つは住所がないことだ。住所がなければ正社員としての就職もままならない。しかし、家を借りようにも現住所がないことには、なかなか貸してもらえない。禅問答のようだが、家がないから家が借りられないのだ。
そのために、正社員になって安定した金をかせぐことができないのである。

もう一つは、まとまった金を持ち合わせていないことである。都会で家を借りようとすると、敷金、礼金、家賃前払いなどで40万~50万円、どんなに安くても10万円はかかる。ネットカフェ難民は、日雇いの仕事によって普段暮らしていく金は稼げても、そうしたまとまった金は用意できない。それがネットカフェから脱出できなくなる最大の理由なのだ。(略)

この問題を放置すると大変なことになるとわたしは考える。というのも、これは形を変えたスラムだとわたしは思うからだ。「いくら努力しても悲惨な境遇から抜け出せない」という人たちが集まることで、現代日本には存在しなかったスラムが、今、出来ようとしている。そしてそれは、従来の形のスラムとは違った、いわば地域横断的な新しい形の「分散型スラム」である。

スラムには社会不安や犯罪の種がまかれる。早いうちにその芽をつまないと、あとで取り返しのつかないことになるだろう。

厚生労働省も事態を重くみて、ネットカフェ難民が金をためられるように、資金管理の支援をするという。
だが、それよりも大切なことは、彼らが住む場所を得られるようにアパートを借りる資金を融資することではないだろうか。

ネットカフェ難民はニートやホームレスとは違い、ある程度の仕事の能力を持ち、仕事をしたいと思っている人が多い。
いったん家を借りさえすれば、毎日の生活をするだけの金は稼げるのだ。

彼らは働きたがっている。要は、住所さえ確保すればなんとかなる話なのだ。言ってみれば金で済む話なので、ニートやホームレス対策よりはるかに解決は簡単なのである。(略)

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/o/97/index.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

20代や30代の難民はまあおっしゃるとおり、援助でなんとかなるんですが、問題は50代以上ですね。今回の調査で50代以上の難民がけっこういたことが衝撃的です。おそらく今後は増えるでしょう。というのも50代(下手すれば40代でも)は年齢制限があって、どこも雇ってくれないという状況があるので、こっちのほうが深刻です。米国なみに雇用するときは年齢不問に早くなってくれるといいんですけどね。

【2007/09/04 11:48】URL | おやじです #qbIq4rIg[ 編集]

カプセルホテルみたいな1~2畳のアパートを
安価で貸し出せば難民も減るだろ

【2007/09/04 19:43】URL | #-[ 編集]

とりあえず布団で寝るスペースぐらい確保しなきゃ

【2007/09/05 08:38】URL |   #-[ 編集]

必要な金が貯まらないなら、田舎に行けばいいんじゃね?
必要な金は半分ですむだろ?

【2007/09/05 11:11】URL | ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ プニプニ!プニプニ! #-[ 編集]

田舎だと仕事無いじゃん

【2007/09/05 11:23】URL | #SFo5/nok[ 編集]

あいりんのドヤに行けば1500円で足を伸ばして寝れる。いや、ションベン臭さを我慢できるなら、タダで泊まれる市営の施設もある。ま、愚図が自分の首絞めてる分にはお国だって何とも言えんでしょ。

【2007/09/05 16:25】URL | 西成 #bxvF113M[ 編集]

西成はスラムとは言わんのかね

【2007/09/05 19:40】URL | #-[ 編集]

でもよ
ネットカフェで寝泊まりするような所まで
落ちても仕事して稼ごうと考える人たちは
相当偉いぜ
俺だったら一発勝負掛けて
大金を手に入れようと思うもんな
失敗しても刑務所で飯を食えるし
そういう風に考える方が自然のような気がするぜ
だからきちんと仕事をしようという意欲のある人たちは
何とかしてあげるべきだな

【2007/09/06 12:13】URL | 風 #-[ 編集]

誰かがネットカフェ難民から脱出しても、他の誰かが代わりにネット難民に落ちるだけ

【2007/09/07 10:24】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。