スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「少林寺の僧侶たち、日本の1人の忍者に負けた」書き込みに、少林寺が激怒&謝罪要求


中国少林寺拳法発祥の地である少林寺の僧侶が、かつて日本の忍者に負けたことがあると発言したインターネットユーザーに対し、少林寺が謝罪を求めている。中国のメディアが8月31日に報じた。

 中国南部の河南省にある少林寺は、西洋諸国では1970年代のテレビ番組「燃えよ! カンフー」で、グラスホッパーことクワイ・チャン・ケインが修行した場として有名になった。

 忍者は武道で鍛えたプロの殺し屋で、その存在は中世の日本にさかのぼる。
 Beijing Newsによると、少林寺僧侶側の弁護士は「いわゆる敗北は純粋なでっち上げで、われわれはこのインターネットユーザーに対し、過ちについて国中に謝罪することを要求する」との談話を発表した。

 中国と日本の関係は良好な時でも微妙であり、20世紀前半に日本が中国に侵攻して一部を占領したことをめぐる感情は、今でもくすぶり続けている。

 同紙によると、「Five Minutes Every Day」を名乗る問題のインターネットユーザーは、オンラインフォーラムに先週、ある日本の忍者が少林寺を訪れて決闘を申し込み、多数の僧侶がこの忍者に敗れたと書き込んだ。

 この投稿には「僧侶たちが日本の1人の忍者を倒せなかったという事実は、僧侶たちがカンフー指導者の名に値しないことを示している」と記されていたという。
 同紙によると、少林寺は「(このユーザーの)恐るべき行為を強く非難」し、僧侶たちは 「少林寺とその僧侶、ひいては武道と中国全体に対する極めて無責任な行為だ」と非難している。(一部略)

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0709/03/news020.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。