スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妹のためなら血でも何でも差し出してやる!


 千葉県松戸市で昨年4月に起きた強盗殺人事件の被害者、加藤木秀孝さん(当時47歳)の妹(43)が今年6月、急性骨髄性白血病で亡くなった。
加藤木さんをドナーとする骨髄移植を受け闘病していたが、加藤木さんから新たにリンパ球を輸血する予定だった。遺族は「家族の未来が消された。
事件さえなければ妹は治っていたはず」と無念さを募らせる。
千葉地裁で3日、強盗殺人罪に問われた住所不定、無職、野崎隆被告(42)らの公判が結審した。

 「責任感の強い兄だった。妹を救えなかったことを悔やんでいるに違いない」。3人兄弟のうち一人残された次男(46)は、2人の遺影を前に拳を握りしめた。

 05年夏に発病した妹は同年12月、加藤木さんから骨髄移植を受け、
退院できるまでに回復した。06年春に再発したため、医師は移植の効果を
強めようと、ドナーだった加藤木さんの血中のリンパ球を輸血する「ドナーリンパ
球輸注」という新たな治療を計画。加藤木さんは「妹のためなら血でも何でも
持っていってくれ」と話したという。

 しかし、加藤木さんは輸血の1週間前の昨年4月18日に殺害された。
治療ができなくなった妹は06年10月、別のドナーから骨髄を再移植。医師からは「前の移植から1年以内で、非血縁者からの移植では成功率は20%」と
告げられたが、他に手段はなかった。

 1年2カ月の間に兄妹を亡くした次男は「被告らは兄に加え、妹を殺したも同然」と憤りを隠さず、厳刑を求めた。

 強盗殺人罪などに問われたのは野崎被告と住所不定、無職、松本光司被告(59)。ともに無期懲役を求刑されている。起訴状などによると、両被告は昨年4月17日、自宅にいた加藤木さんを包丁で脅し、財布を強奪。翌朝、茨城県取手市の利根川河川敷で加藤木さんを刺殺した。松本被告は起訴事実を一部否認している。【寺田剛】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000042-mai-soci

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

10月31日、千葉地裁にて判決ありました。色付きの文字両被告共、無期懲役です。色付きの文字私としては、凶悪な殺人者に対し泣いて馬謖を斬る日本になってもらいたいです。[色:000066]色付きの文字[/

【2007/11/01 22:44】URL | 次男 #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。