スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“レズ殺人” 13偽名使い分け2年逃亡の女が起訴事実認める


東京都品川区のマンションで同居していた無職女性、鈴木友幸さん=当時(39)=を刺殺したとして、殺人の罪に問われた無職、前田優香被告(43)の初公判が3日、東京地裁(平出喜一裁判長)で開かれた。前田被告は起訴事実を認めた。

 起訴状によると、前田被告は17年3月2日、鈴木さんと口論になり、台所の包丁で十数回、首や胸などを刺して殺害。4月中旬、鈴木さん名義のクレジットカードで腕時計など計11点(35万円相当)を購入した。

 前田被告は犯行後、約2年間にわたって複数の偽名を使うなどして逃亡生活を送っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000933-san-soci

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。