スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トラを育てた犬 乳離れ後も仲良くじゃれあう


香川県東かがわ市の白鳥どうぶつ園で、フレンチブルドッグのメス「ナナ」(2歳)の母乳で育ったベンガルトラのメス「ハチ」が乳離れ後も、ナナと同居している。

 生後間もないハチが人工保育のため4月に犬用の産室に移され、死産直後のナナが乳を飲ませたのが始まり。
ハチの体重は13キロを超え、体長はナナの約2倍の60センチにまで成長したが、一日中じゃれあっている。

 乳離れ後に別居させるつもりだった同園は、仲の良さに驚きながら「けがする心配が出てくるまでは共同生活させる」と見守っている。


http://www.asahi.com/life/update/0831/OSK200708310066.html

育て親のフレンチブルドッグ「ナナ」に前脚をかけてじゃれるベンガルトラの「ハチ」=香川県東かがわ市松原の白鳥どうぶつ園で
http://www.asahi.com/photonews/images/OSK200708310071.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。