スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


後藤真希 口パクではなく怪奇現象


コンサート途中に胃炎で降板した後藤であったが・・・

アンコールの前に出てきたのは後藤を除く4人。安部が代表して「後藤は体調不良のため、途中から出られなくなりました」と説明した。
では、後藤がいなくなっても会場に響いていた後藤の歌声はなんだったのか?

一部のファンは「ごっちんの魂が曲の中に入り込んだ」と力説するが大抵のファンは「最初から口パクだったんだなこの野郎!」と憤っている。

これは後藤の事務所に聞くしかない。するとこんな回答だった。

「たぶんそれは、30-40%の歌声を(曲の中に)入れて、音程を取りやすくする”カブセ”でしょう。
音楽番組ではよくあることですよ。それを口パクを言うんじゃないかって?
いえいえ、カ・ブ・セ。もちろん怪奇現象のたぐいではないと思います」(所属事務所関係者)

ファンにとっては腑に落ちない説明かもしれないが、口パクでも怪奇現象でもなかっただけにホッとひと安心か!?
ちなみにもう一つの関心事である後藤の”妊娠疑惑”については「あり得ません」(同上)
後藤の復帰を、ファンは心待ちにしている。

http://www.tokyo-sports.co.jp/
東スポ誌面
http://www.imgup.org/iup454036.jpg

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。