スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰ってきた「オレオレ詐欺」


振り込め詐欺の中でも、息子になりすまして親たちをだます「オレオレ詐欺」が復活の兆しを見せている。
今年上半期の全国の被害額は62億円を超え、前年を上回るペースで推移。
他の手口による被害が大きく減る中、最も古典的とされるオレオレ詐欺だけ突出している状況だ。
背景には、高齢者を標的に、何度もだまして根こそぎ詐取しようとする犯人像が浮かぶ。

警察庁によると、1~6月、全国でオレオレ詐欺は2835件発生し、62億5241万円の被害が出た。
前年同時期と比べ、件数は228件(7%)減ったが、額は2億3232万円と3%増えた。首都圏の一部では件数、額とも増加が著しいという。

一方で架空請求や融資保証金を名目にした振り込め詐欺は減った。架空請求は件数が前年比45%減の1101件、被害額も44%減の15億5392万円。融資保証金名目は件数、額とも2~3割強減少している。

オレオレの被害者の7割強は60歳以上で、他の手口に比べ、高齢者が被害に遭いやすい傾向がみられるという。
手口は会社でのトラブルを口実にしたものがトップで、続く借金口実と合わせ全体の8割ほどを占める。

http://www.asahi.com/national/update/0831/TKY200708310224.html

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

息子を思うおやの気持ちを踏みいじるクズ共め
お願いだから死んでくれ

【2007/09/01 15:02】URL | #-[ 編集]

同感だ消えて無くなればいいのに

【2007/09/02 14:21】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。