スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


70歳のサバ読み結婚詐欺女

栃木県真岡市で、42歳の独身と偽り、交際していた男性(49)から500万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた農業、深谷ハツエ被告(70)の判決公判で、宇都宮地裁真岡支部は29日、懲役3年10月(求刑懲役5年)を言い渡した。


飯塚圭一裁判官は「自由な金が欲しかったという動機から結納をし、同居するなどして男性をだました」と指摘、「計画的な犯行で大胆かつ巧妙」と述べた。

判決によると、深谷被告は実年齢や夫がいることなどを隠し、真岡市の派遣社員の男性と婚約。平成19年2月から同年4月にかけて「義兄が金が必要になった。100万円ほど貸してほしい」などとうそを言い、計500万円をだまし取った。男性が深谷被告の態度に不審を抱き、深谷被告が通っていた自動車教習所に問い合わせたところ、実年齢が発覚した。

 http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/080829/trl0808291643005-n1.htm
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。