スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「卑弥呼の墓」発見か? 箸墓古墳の前方部正面に幅60メートルの外濠

邪馬台国の女王卑弥呼の墓説がある奈良県桜井市の前方後円墳、箸墓古墳(3世紀半ば―後半、全長約280メートル)で、前方部正面に幅60―70メートルと推定される外濠跡が見つかったことが27日、分かった。


外濠の幅は、同じ纒向遺跡にある箸墓以前に築造された古墳と比べると突出した規模。調査した市教育委員会は「古墳は箸墓の時代から、急に周囲と隔絶され近寄りがたい存在になった。被葬者の力が他を圧倒していたことを示すのではないか」としている。

外濠跡はこれまで前方部の側面2カ所で確認されていたが、正面では初めて。本格的な前方後円墳の始まりとされる箸墓の築造時の墳丘構造を考える材料になりそうだ。

前方部の南西約60メートルで、古墳側に向かって落ち込む深さ1.3メートル以上の傾斜を発見。底付近はアシなど湿地に生える植物と泥が混ざった土層が堆積し、古墳築造時と同時期の土器が出土したことから、外濠の端と判断した。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080827STXKC086126082008.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

卑弥呼さまー!!

【2008/08/30 18:23】URL | #-[ 編集]

日本人の○○子って名前は卑弥呼からきてんのかしら

【2008/10/02 19:33】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。