スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宝くじで11億円当てた男、飲酒運転で事故を起こし全財産を使い果たす

宝くじで1000万ドル(約11億円)の賞金を獲得した男が15日、飲酒運転による交通事故で3人を死亡させた罪により、懲役17年以上の刑を宣告された。


 カリフォルニア州在住のトーマス・ターナー被告(52)は05年5月5日、同州サンバナディーノで小型トラックを飲酒後に運転し、赤信号で停車していた車に後方から衝突した。

 調べでは、ぶつけられた車の助手席に座っていた女性(当時59)はフロントガラスに突っ込み、女性の娘(39)は内臓破裂、女性の親せきの女性(22)はシートベルトで首を切断するなどして死亡した。

 ターナー被告は、01年1月20日に同州ビクタービルのショッピングセンターで購入した公営宝くじ「スーパーロトプラス」で1000万ドルを当てていた。同被告の弁護人は「彼は遺族らによる訴訟に決着をつけるため、ほぼ全財産を使い果たしている」と語った。同被告も控訴の意思はなく、有罪を認めた。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20080818-397929.html
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

シートベルトで首切断てどんだけのスピードだったんだろう…

【2008/08/26 05:06】URL | #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。